中村桐子のポートフォリオサイト、LIFE IS A PARTY!

沖縄出身のデザイナーナカムラキリコの人生はパーティーだ!ブログ

  • 日常

    芥川龍之介が最も駄作だと自己評価する「偸盗(ちゅうとう)」が面白かった。

    2016年3月13日

    20160313

     

    こんにちは、キリコです。

     

    最近は芥川龍之介にハマっておりまして、片っ端から読み進めています。

     

    芥川と言えばみなさんご存知「羅生門」、その続編と言われている「偸盗(ちゅうとう)」という作品があります。

     

    昔も今も賛否両論のある作品なのですが、なんとこの作品、芥川自身が「最も駄作だ」と評価しているんです。

     

    「本屋に置いてあるのが嫌」

    「マジ書き直したい」

    と、それはそれはボロクソに言っていたようで。

     

    ですが、私に関して言えば「芥川作品にハマるきっかけになったほど面白い作品」だったので、今回は少しでも多くの人に「偸盗」のことを知っていただけるようキャッチーに紹介したいと思います。

     

     

    1. あらすじ

    「羅生門」と同じく舞台は平安、「沙金」という一人の美しい女に振り回される人々を描いた物語。

     

    2. 登場人物と相関図

    相関図

     

    【沙金】

    美人。あちこちで肉体関係持ちまくり。

     

    【太郎】

    片眼が見えない。沙金に捨てられるもずっと片思い。弟の次郎をライバル視。

     

    【次郎】

    沙金と肉体関係がある。兄の太郎を鬱陶しく思っている。

     

    【阿濃】
    メンヘラ妊婦。お腹の子が本当は誰の子か分からないが、次郎の子供だと思い込んでいる。

     

    【猪熊の爺】

    沙金の継父。

     

    【猪熊の婆】

    沙金の実母。

     

    3. ヤバいポイント

    ・6人の登場人物の中に三角関係が3つ。

    ・全員盗人。

    ・猪熊の爺がド畜生で、沙金と肉体関係を持ちたいがためにシングルマザーだった婆さんと結婚しちゃう。

    ・しかも婆さん、爺さんが娘に性的暴行を加えていることを知っているにも関わらずめっちゃピュアな気持ちで片思い。

     

    4. 面白いなと思ったポイント

    ・「ハチミツとクローバー」のキャッチフレーズをお借りすると「全員片思い」なんだけど、ハチクロとは正反対で誰も幸せになれない。

    ・それぞれの視点で物語が進んでいくが、肝心の最重要人物、沙金の心情だけはまったく描写されていない。

    ・作中に羅生門(作品じゃなくて門のほう)が登場するが、「羅生門」とは違った使われ方をしている。

     

    5. まじめな感想

    一人の美人に翻弄されるキャラ立ちした人物たち、しかもそれを翻弄される側の人物視点だけで書き上げた、っていうのがどこか漫画的な感じがして、きっと現代人のほうが身近というか想像し易いというか。だから当時は時代の先を行き過ぎていて芥川自身の腑に落ちなかったのではないかな?と思いました。

     

    あとやっぱり、これを羅生門の続編にしちゃったのがいけなかったのかな、と。作品単体としてはめちゃくちゃ面白いけど、どこか「羅生門の続編要素」を探して、重ねてしまう。「羅生門」で最終的な落とし方を読者自身に委ねて、その続編となればやはり答えを期待するのに、結局またオチを委ねてしまっている。芥川自身も書いていてしんどかったことが想像できる。「羅生門」を成仏させる要素としては、弱すぎた。

     

    が、時代描写や背景描写なんかはやはり上手くて、最初から最後まで死体の臭いが鼻にこびりつくようだった。

    芥川作品の一番の魅力である、「人間のエゴ」も満載で、読み応えがあった。お腹痛くなった。

     

    6. まとめ

    芥川龍之介の印象って、高校生の頃に習った「羅生門」で止まってたんですよ。

    からの「偸盗」を読んだので、一気にハマっちゃいました。

     

    「私も学校で習って以来だな~」って方、絶対たくさんいると思うので、今一度手に取ってみてほしいです。

    とんちのようなお話から、「偸盗」のようにお腹痛くなっちゃうような作品まで書いていて、読めば読むほどイメージを覆されてすごく面白いので。

     

    「偸盗」に関しては、結局私は2度読んで、これを書き上げた後もう一度読もうと思っているほど好きなので、ぜひ読んでみてください~!

     

    青空文庫でも読めます。
    作家別作品リスト:芥川 竜之介|青空文庫

     
    以上!

沖縄出身のWebデザイナー6年生。
1993年生まれ、現24歳。
ビールとお相撲が好きです。

ページトップへ戻る